Gallery

弘前さくらまつり2006年度

弘前公園のさくらは、正徳5年(1715)津軽藩士が京都の嵐山から25本のカスミザクラなどを持ち帰り、城内に植えたのが始まりと伝えられています。廃藩後、明治時代になって荒れ果てた城内を見かねた旧藩士・菊池楯衛氏が、明治15年(1882)当時世に出て間もないソメイヨシノ(吉野桜)1000本を植栽。しかし一部氏族から「平民の花見は許さん」と苗木が抜かれたりしたということです。やがて明治維新の混乱も収まって時が過ぎ、明治28年(1895)弘前城跡が弘前公園として一般解放されました。明治34年から36年までは、大正天皇の結婚記念として弘前市議会議員で旧藩士・内山覚弥氏の提案により1000本のソメイヨシノが植栽されました。
また日露戦争の戦勝記念にもさくらが植えられたそうです。


Album RSS feed RSS Feed


photos 34-49 of 154 « prev page   next page »

FREE-CM > Home > Gallery > 弘前さくらまつり > 弘前さくらまつり2006年度

No comments yet