黒石ねぷたまつり
撮影日:2007.8
 黒石ねぷたは古くから人形ねぷたと扇ねぷたの両方があり、青森は人形ねぶたであり、弘前は扇ねぷたに代表されますが、黒石は両方が共存してきています。
 黒石ねぷたには黒石独特のものがあり、それは人形ねぷたの作り方にみられます。
その一つはねぷたを乗せる台が3段ないし4段と積み重ね、その上に高欄があることです。
 表面の鏡絵の豪華絢爛たる動の世界に対して、見送り絵は美人画を書きます。
鏡絵の豪華絢爛に対し徹底して物寂しさを追求します。観客はこの好対照な幻想の世界に魅了されます。

 黒石のねぷたは、重要無形文化財に指定されています。
信玄袋A
15,750円(税込)
小袋小(青)
2,625円(税込)
小袋中A
12,600円(税込)